婦人科について

通常40歳代後半から50歳代前半に『のぼせ・肩こり・足腰の冷え
・いらいら』など自律神経の乱れたような症状が現われます。
その後、女性ホルモンの分泌がなくなっていく過程で更年期特有の
疾患がみられるようになります。

とくに不快な初発症状は、病気としての認識が薄く、周りからも
「気の病」とか「年だから仕方ない」と片付けられがちで、不調をそ
のまま我慢し続ける方も多いようです。
更年期障害の症状は多様でひとりひとり異なりますので、周囲の意
見に惑わされること無く、当院へお気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る