各種検査について

総点検のお勧め(「?」と思うことは早めにチェックして予防しましょう)
20~30歳の若い女性のなかには、子宮内膜症やクラミジア感染症が多くなっており将来の不妊症予備軍の可能性が高くなります。
また、ライフスタイルの変化に伴い乳癌、卵巣癌、子宮体癌も増加しています。

当院では婦人科感染症検査を行っております。
・クラミジア
・カンジダ
・淋菌など感染症検査
子宮頸癌については、HPV(ヒトパピローマウイルス)感染に起因した20歳代の増加の傾向があり、これら疾病構造の変化は年齢にかかわらず女性の心配事のひとつです。

ページ上部へ戻る