名古屋市子宮がん検査

JX156_350A

20~30歳代の若い女性の中には、子宮内膜症やクラミジア感染症が多くなっており、将来の不妊症予備軍の可能性が高くなります。 また、ライフスタイルの変化に伴い乳がん、卵巣がん、子宮がんも増加しています。 子宮頸がんについては、HPV(ヒトパピローマウィルス)感染に起因した20歳代の増加傾向があり、これらの疾病構造の変化は年齢にかかわらず女性の心配ごとのひとつです。 時々はご自分の身体を総点検することをおすすめします。検査予約は不要です。nyuin1

関連記事

ページ上部へ戻る